≪カーナビ≫ 最新カーナビ事情、スマホと連携進む/渋滞検索アプリ

    ●「映画に出てきそうなフロントガラス前方にナビ情報を表示する世界初のカーナビ」
    >2011年開発の"ARスカウターモード"に 世界初のAR HUDユニット搭載カーナビが発表
    >HUDは背景に情報を重ねて表示でき 視点移動の時間や焦点を合わせる時間が少ない
    >表示内容は HUDドライバーモード HUDマップモード HUDハイウェイモード HUD交差点リスト表示
          情報源:2012年05月08日 Gigazine 
                        http://gigazine.net/news/20120508-pioneer-carrozzeria-cybernavi/

        ※関連情報:「ナビは、ついに、フロントウィンドウへ。」(パイオニア)
                        http://pioneer.jp/carrozzeria/cybernavi/avic_vh99cs_avic_zh99cs/navigation/ 

    ●「中国 カーナビ製品の7割は不合格品」
        >国内の主流メーカー13社(18機種)を選び、19地区で実地調査を行った。
        >理由は、GPSの測位情報が正確に受信できない。地図を分析して正確なルートを選ぶことができない。
        多くは海賊版の地図、正確さに欠ける。 
          ※中国は自前で、GPSスシテム構築が進行中です。戦時にはGPSの利用に影響も?
        情報源:2012年05月08日 朝日新聞/国際金融報
                        http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201205080308.html
        
        ※関連情報:「中国、2基目の第2世代「北斗」を同時に打上げ」(20120501 サーチャイナ)
                        http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0501&f=it_0501_010.shtml
        ※関連情報:「北からのGPS妨害電波、15日ぶり停止」(20120514 読売新聞)
                        http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120515-OYT1T01049.htm
                        

    ●「スマホと連動でカーナビがさらに使いやすく」
        >スマホの普及でより便利に/昭文社の「ことりっぷ」は、ガイドの役割。 NHN Japanは位置を知らせる「ロケタッチ」を提供。
        >特定ジャンルに特化したアプリも多数/JVCケンウッドの新しいカーナビは、iPhoneと連動し、様々な地図情報を取り込める。
         デンソーはスマホとカーナビを連動させる「NaviCon」を提供 ゼンリンデータコムは、地下でも案内するシステムを開発中
          ※運転中はスマホの操作は手で操作ができないので、音声操作技術が進むのでは?        
        情報源:2012年05月05日 日本経済新聞/日経プラスワン2012年5月5日付
                        http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201205080308.html
                        

    ●「ホンダ、渋滞抑制を目指した運転支援機能の走行実験を海外で開始」
         >加減速の走行パターンを監視、渋滞の発生につながる走行を判定し、滑らかな加減速を促す
         情報をクラウドサーバに送信し、前方車の走行パターンに基づいて、同調した走行が可能
          ※スマホの活用も検討とのこと。
        情報源:2012年04月27日 Tech-On! 
                        http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120427/215390/


    ●「万が一の事故 スマホで録画 三井住友海上 無料でアプリ」
         >ダッシュボードに設置し「ドライブレコーダー」として使う 無料アプリ「スマ保」事故の前後十五秒間を自動で録画
          ※ドライブレコーダー単体は、5千円位から買えるようです。
        情報源:2012年05月02日 東京新聞
                        http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2012050202000101.html


    ●スマホアプリ/「道路渋滞情報ビューア」
         >現況の日本全国道路の交通情報を確認するためのアプリ よく使う画面の保存機能 
          ※国土交通省の高速道路と主要一般道路渋滞状況を、出発前に検索できる。Androidもあり
        情報源:Appinfo ※iPhone版
                        http://iphone.appinfo.jp/apps/353714986/道路渋滞情報ビューア/
        情報源:Google Play ※Android版
                        https://play.google.com/store/apps/details?id=aobo.highway&hl=ja

    ●スマホアプリ/「Google マップ」
         >地図アプリで、道路の渋滞状況をリアルタイムに表示する「交通状況」の提供
         >日本は、大量のデータが集まる都市部では精度が高くなり、そうでない場合は精度が低くなる。  
          ※Android版、iPhone(iPad)版はiPhoneマップ。内容は同じ「Google マップ」のため。
        情報源:「Google マップが渋滞状況の表示に対応、独自に状況を計算」(20121129 ケータイ Watch)
                        http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20111209_497120.html


    ●スマホのブラウザで「JARTIC:日本道路交通情報センター」の地図を検索する。
         ・必要な交通地図を表示し、ブックマークする。iPhoneはホーム画面に登録できる。
          ※PCのブラウザFirefoxでURLを取得する場合、表示された地図上で右クリックし、次の手順でURLを取得できる。[このフレーム]→「フレームの情報を表示する」を指定し、アドレスを取得。
        情報源:JARTIC:日本道路交通情報センター
                        http://www.jartic.or.jp/