≪スマホ≫ スマホ症候群とスマホ依存症の違いって分かりますか?(その2)
             スマホ症候群とは、スマートフォンを長時間使用することで起こりやすい
      諸症状の通称だそうで、スマホ依存症は文字通りスマホに、はまっている
      状態ですが、定義は明確ではないようです。

  (2).スマホ依存症
           スマートフォンは、使う場所を選ばずに利用ができるために、コンピュータ
          よりも依存症になりやすい。
           初期症状は、スマートフォンを手にしないと、禁断症状を起こしたような
          不安と焦りを感じて、他の仕事に集中することができなくなるとのこと。
           まずは、スマホ依存症かどうか確かめてみましょう。

        ●依存しすぎると、物理的・心理的にショックが!そして寝付き防止に
             ・スマートフォンにデータを集中し保存しておくと、故障の時にショックが
           同時にやってくることになります。
            でもデータを分散しておけば問題は減りそうです。
           ・寝る前にスマホを使うと、寝付きにくくなり、「布団に入ると、すぐに
           朝になるような、幸せなこと」にはならないとの研究結果があるそうです。    
             
            >仕事にも使っていたブラックベリーが故障し、連絡先や写真すべて失った
            >情報をスマートフォンだけに集めておくと、こんな怖いことが起きる
            >実務的に困ることと心理的に困ることが、一度に直撃するような怖さ

            >「睡眠にとっては大変な負担になる」
            >入眠前のメールやネット利用は、興味や関心で刺激された状態となります。
            
            ※情報源:「恐怖!身の毛もよだつ「スマートフォン依存症」の実態
                        (2011年12月20日 Menjoy/USA Today)
                          http://www.men-joy.jp/archives/30560

        ●スマホ利用者にありがちな危険信号
                始めに、チェックをどうぞ。人間、一つやふたつはあるものです。
                
            >『スマートフォン依存症の10チェックリスト』    
            >トイレに行くときでさえ、スマートフォンを使用する。
            >ポケットの中にスマートフォンがなければ、パニック状態に陥る。
            >スマートフォンユーザーに会った時、スマートフォンの話ばかりする。
            >スマートフォンが故障した場合、友人を失ったような感じがする。
            >充電したバッテリーが一日中持続するのが難しい。
            >スマートフォンの料金100ドルを支払うために生活費を減らす。
            >全ての疑問をスマートフォンを使って調べる。
            >一日のすべてのスケジュールがスマートフォンに保存されている。
            >スマートフォンのアプリが30以上インストールされていて、それをすべて使用する。
            >スマートフォンのアクセサリーの購入にスマートフォンの価格よりも多くのお金を使う。
        
            ※情報源:「インターネットよりも危険!?"スマートフォン依存症"」(2011年11月12日 依存症・中毒を考察する。)
                          http://ameblo.jp/ganmax0001/entry-11076281868.html
            ※原典: 「Top 10 Signs of Cell Phone Addiction」(2010年01月25日 DEGITAL TRENDS)
                          http://www.digitaltrends.com/mobile/top-10-signs-of-cell-phone-addiction/


        ●スマホ依存症にならならないために、できそうなことは
                「自分ルール」を決めることから、始めると良いようです。
                
          >スマホを使う時の「自分ルール」を決める
          > 1. 外で誰かと一緒にいる時は、次の用途以外では使わない
          >            電話をかけなければならない/一緒にいる人にも必要な情報を
               調べる/あらかじめ設定していた動作に対応する
          > 2. その日のうちに応答しなければならない連絡はないと考える
          >     緊急のメールや鳴り止まない電話以外
          > 3. 行き先や方角の確認・音楽の選択は、信号で止まっている時だけに
          > 4. 会計時など、コミュニケーションが発生する場では使わない    
          
          >気が散らないようにアラートをカスタマイズ
          >  すべてのアラートを切ってしまう
          
            ※情報源:「スマホ中毒から抜け出して、上手にスマホと付き合うには?
                          (2012年04月21日 ライフハッカー)
                          http://www.lifehacker.jp/2012/04/120405_stopusingiphone_01.html

        ●スマホ依存症だと思う方は
           ・自分が"スマホ依存症"かもと思う方は、まず久里浜医療センターのHPで、
      「インターネット依存度テスト」を受けてください。
           ・設問は20問、各1~5点で、チェックすると合計点が表示されます。                              
             ・久里浜医療センター(国立病院)ではアルコール依存症の治療を行って
           いますが、2011年7月からネット依存治療研究部門(TIAR)を開設し治療を
           始めています。
                
          >70~100点 すぐに治療の必要があるでしょう。

            ※情報源:「久里浜医療センター|ネット依存治療部門(TIAR)
                          http://www.lifehacker.jp/2012/04/120405_stopusingiphone_01.html