≪スマホ≫ スマホ症候群とスマホ依存症の違いって分かりますか?(その1)
              スマホ症候群とは、スマートフォンを長時間使用することで起こりやすい
      諸症状の通称だそうで、スマホ依存症は文字通りスマホに、はまっている
      状態ですが、定義は明確ではないようです。

  (1).スマホ症候群
           スマホは両手を使って下を向いているので、長時間たつと、肩が上がってきて
          力が入った状態になり、肩の筋肉や後頭部の緊張が強くなるそうです。
           その結果、首が前傾し、首のカーブが失われてしまう「ストレートネック」と
          いう状態になると、肩こり・首痛・頭痛・めまい・腕のしびれ・肩が上がらない
          などの症状がでるそうです。

          ●スマホ症候群チェック
            >(5項目)2個以上ある人は、スマホ症候群になっている可能性が高い
            ※情報源:「あなたは「スマホ症候群」になっていませんか」
                          (2012年04月26日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122821/?P=2
    
          ●ストレートネック診断
            >(10項目)6個以上: ストレートネックになっている可能性が高い
            ※情報源:「働き女子に急増!「ストレートネック」って?」
                          (2012年05月10日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122841/?P=1

          ●ストレートネックを予防する
              >ストレートネック リセットエクササイズ
            ※情報源:「働き女子に急増!「ストレートネック」って?」
                          (2012年05月10日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122841/?P=2

          ●どういう姿勢が良いか
              >左腕で持つ場合、右手を左のひじの下に入れる。その上にひじを乗せて
              ひじの角度を直角にしてスマートフォンをまず持つ。
              >右手で操作して、また見る時はまたその位置に戻る。
          
              >スマホを持った手のひじをおなかに乗せる感じにして、口の前にスマホが
              くるようにする

            ※情報源:「ケータイ買換検討中のお父さん!『スマホ症候群』にご注意!」
                          (2012年05月30日放送 TBSスタンバイ/現場にアタック)
                          http://www.tbsradio.jp/stand-by/2012/05/post_4675.html

    次回はスマホ依存症についてです。