iii 情報一元化への道

integration of information and intelligence ;情報を一元化するヒントを集めています。

2012年07月

2012年07月17日 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感-3

≪ソフト≫ 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感



●テンプレート
        (25).テンプレートの作成
                >>スタイルを登録する手間などを省くことが可能
                        http://news.mynavi.jp/series/word/025/index.html
                       
        (26).Officeテンプレートの活用
                >>用途に合ったテンプレートを発見できれば文書の作成が楽になる。
                >>暇なときに「どんなテンプレートが提供されているか?」を確認
                >「マイ テンプレート」
                            ⇒マイ テンプレート」に表示させるには、テンプレートの
                            保存先に「Templates」フォルダを指定しておく。
                         http://news.mynavi.jp/series/word/026/index.html

                       
●応用例
        (12).文字と段落の書式の応用例-1
                >>「表」を作成するためのツールも用意されているが、このツールを
                 使わなくてもシンプルな表なら十分に作成可能である。
                      ⇒文字だけで表を作成
                      ⇒囲み記事(コラム)の作成
                        http://news.mynavi.jp/series/word/012/index.html
                       
        (13).文字と段落の書式の応用例-2
                >>文章の中に画像を埋め込むことも可能となっている。
                >>画像のある行の行間が大きくなってしまっている
                      ⇒文字と画像の上下位置を整列させよう
                >>文字と画像の間隔が狭すぎる
                            ⇒画像の前後に半角スペースを挿入する
                >>文字と画像の間隔が大きくなりすぎてしまう。
                            ⇒半角スペースを選択して「フォント」ダイアログで文字
                            の幅を小さくすると、間隔を自由自在に調整できる
                        http://news.mynavi.jp/series/word/013/index.html   


●Tips
        (27).文字選択のテクニック
                >「ダブルクリック」/単語が自動判別され、選択
                >「トリプルクリック」/段落全体を選択
                >キーボードを使った文字選択
                >離れた位置にある文字を選択
                        http://news.mynavi.jp/series/word/027/index.html                           

        (30).Word文書から画像ファイルを抽出 ※WORD 2010以降
                >>文書内の画像をコピーし画像編集ソフトなどに貼り付ける。解像度の
                 小さい画像しか得られない場合が多い。
                            ⇒画像を右クリックして「図として保存」を選択する               
                >>抽出する画像の数が多い場合
                            ⇒「Webページ」を選択してから保存を実行する。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/030/index.html

        (31).文書に貼り付けた画像の解像度
                >解像度の自動調整/解像度が自動的に220ppiに変更※Word 2007以降
                        http://news.mynavi.jp/series/word/031/index.html

        (33).変更履歴の活用
                >>複数の人が文書を校正していく場合などに利用される
                        http://news.mynavi.jp/series/word/033/index.html
               
        (36).Wordで使用する単位
                >使用する単位の変更/横方向が「○字」、縦方向が「○行」に初期設定
                >サイズの数値指定/写真や図形のサイズ「細かいことは気にしない…」
                        http://news.mynavi.jp/series/word/036/index.html

                       
●印刷
   ☆(8).ヘッダーとフッター(位置を指定するには)
                >>Wordの熟練度を計る一つの目安。整理するための情報を記しておく
                >文字入力
                            ⇒余白をダブルクリックする。
                >ページ番号を入力
                            ⇒「デザイン」タブ「ページ番号」を利用する。
                >日付を入力
                            ⇒「デザイン」タブ「日付と時刻」をクリックすればよい。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/008/index.html
   
        (29).Word文書をPDF形式に変換する
                >>Word 2007の場合
                            ⇒アドインを追加
                >>「作成者の欄に自分の名前が表示されてしまう…」という問題
                            ⇒「ドキュメントのプロパティ」のチェックを外しておく
                        http://news.mynavi.jp/series/word/029/index.html

        (32).文書の印刷方法を工夫する
                >割り付け印刷/両面印刷/縮小印刷
                        http://news.mynavi.jp/series/word/032/index.html


●年賀状
        (17).差し込み印刷による年賀状宛名面の印刷
                        http://news.mynavi.jp/series/word/017/index.html
                                               
        (18).Excelデータを利用した宛名印刷
                        http://news.mynavi.jp/series/word/018/index.html

2012年07月16日 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感-2

≪ソフト≫ 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感-2



●スタイル 
                       
        (14).スタイルの作成
                >>「文字の書式」、「段落の書式」を1クリックで指定できる機能
                >スタイルの適用/いくつかのスタイルが用意されている。
                >スタイルの作成/問題点は、"使えるスタイル"が少ない
                            ⇒自分でスタイルを作成して利用し、登録する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/014/index.html
                        
        (15).スタイルのカスタマイズ
                >>スタイルの書式を変更する方法や、文字の書式だけを適用する
                >スタイルの変更
                            ⇒段落に「節見出し」という自作スタイルを適用する
                >文字の書式を指定するスタイル
                            ⇒「文字のスタイル」を作成する。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/015/index.html
                        
        (16).スタイルの表示を変更する
                >>スタイルの表示方法や並び順をカスタマイズ、作業をスムーズに。
                >スタイルのウィンドウ表示
                            ⇒一覧を見やすくする
                >スタイルの並び順
                            ⇒使いやすい順番に並べ替えておく
                >不要なスタイルの削除
                            ⇒削除できない。そこで非表示にする
                        http://news.mynavi.jp/series/word/016/index.html
                    

●長い文章
        (19).アウトラインレベルの指定
                >>各段落が「見出し」か、「本文」かを示すのがアウトラインレベル
                >>アウトラインレベルの指定は画面上で手軽に確認できない。
                            ⇒スタイルでアウトラインレベルを指定
                        http://news.mynavi.jp/series/word/019/index.html
                
        (20).ナビゲーションウィンドウの活用 ※WORD 2010以降
                >>文書内の任意の位置へ移動や、文書の構成を練り直す場合に重宝する
                >ナビゲーションウィンドウ/全体構成を把握したり、文字の検索する
                >ナビゲーションを使った文書の移動/「見出しの一覧」は目次代わり
                >ナビゲーションを使った文書構成の変更/「見出し」をドラッグする。
                                    見出し番号を入力は注意
                        http://news.mynavi.jp/series/word/020/index.html
                        
        (21).目次の作成
                >>文書の目次を自動的に作成する方法や、作成した目次をカスタマイズ
                >目次の自動作成/2種類、差異はない。目次と本文のページを分割する
                >目次の更新/ページ番号などが自動更新されないことに注意する
                >「レベル4」以降も目次に掲載/「目次の挿入」を選択し目次を作成
                >目次のカスタマイズ/スタイルの書式を変更するのが基本
                        http://news.mynavi.jp/series/word/021/index.html
                                    
        (22).箇条書きとリストのレベル
                >>段落のレベル 「箇条書き」のレベル 意味には大きな違い
                >箇条書きのレベルを変更⇒ショートカットキーで行うことも可能
                >本当に必要…?⇒全角スペースの文字を使ってレイアウトを整える
                        http://news.mynavi.jp/series/word/022/index.html
                        
        (23).見出し番号の自動入力
                >>手で入力しても大した手間ではない。絶対に利用しなければならない
                機能とは言い難い。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/023/index.html                    

        (28).文章の自動校正機能で単純な入力ミスをチェック
                >スペルチェックと文章校正/単純な入力ミスを発見してもらえる
                >波線表示/自動的に文章校正 赤「入力ミス」緑「文法誤り 揺れ」
                        http://news.mynavi.jp/series/word/028/index.html


●ページレイアウト
        (3).標準の文字サイズと文字数/行数
                >>何ページにも及ぶ文書を作成するときは、本文の文字サイズに合わ
                 せて「標準の文字サイズ」を設定しておくとよい
                >標準の文字サイズを変更
                            ⇒「ページ設定」ダイアログの「行数」を手動で指定する。
                >>1ページあたりの文字数と行数を最初に指定しておくのが基本
                >文字数と行数の指定
                            ⇒通常は「行数だけを指定する」を選択する
                >>必ず指定した文字数で配置したい場合
                            ⇒「原稿用紙の設定にする」の指定方法を選択してから
                            「文字数」と「行数」を指定。
                >>「標準の文字数を使う」の指定方法
                            ⇒選択しないのが無難
                        http://news.mynavi.jp/series/word/003/index.html

        (24).改ページ位置の自動修正
                >>「ページの最下段に見出し」など悪いレイアウトを自動的に修正する
                >見出しと本文の泣き別れ
                            ⇒「改ページ位置の自動修正」を設定する。
                >>各章を必ずページの先頭から始めたい場合
                            ⇒「段落」ダイアログの「改ページと改行」タブで「段落前
                            で改ページする」を指定
                >>本文が1行だけ残された状態回避
                            ⇒改ページ時1行残して段落を区切らないを指定
                >>ページの最下段に本文が1行だけ残された状態回避
                            ⇒改ページ時1行残して段落を区切らないを指定。
                >>そのつど書式を指定しているようでは手間がかかる。スタイルに登録
                しておく
                        http://news.mynavi.jp/series/word/024/index.html
                        
        (34).段組みとセクション
                >>複数のページ設定を含む文書を作成する場合などにも使える
                >>段組みの指定だけで実用的な文書を作成できるケースは極めて稀
                        http://news.mynavi.jp/series/word/034/index.html
                
        (35).アイテムの整列
                >>「どこを基準に整列されるか?」については仕組みをよく理解して
                 おく必要がある。
                >>曖昧にしたまま操作を続けると、『思い通りの位置に配置できない…』
                 という状況に陥る可能性がある。
                >>万人が必要とする機能ではない
                        http://news.mynavi.jp/series/word/035/index.html   

2012年07月15日 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感ー1

≪ソフト≫ 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感ー1
               MicrosoftのWordは嫌いです。勝手に動いてしまうから。
              代わりのソフトとして、「メモ帳」やテキストエディターで十分です。
              レイアウトやデザイン重視ならPowerPointや他のツールでもOKです。
               しかし、Wordを使用しなければならない場合もあります。そこで
              マイナビニュースの連載「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」を
              分解してみました。
              
  ※情報源:「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」
                          (2012年05月07日 マイナビニュース)
                          http://news.mynavi.jp/series/word/037/index.html

        >Wordが思い通りにならない理由
         ・>文書作成の基本的な知識が不足している
                 >もう少し知識を蓄える必要がある
         ・>Wordが予想外の挙動を示す
        >Wordが自動的に行う処理はたくさんある
        >オートコレクトの設定を変更し、自動処理を無効にしてしまえばよい
         ・>Wordの特長を生かして効率よく文書を作成する方法を知らない
        >便利な機能を十分に使いこなせていないことが原因
    
    >なぜWordを思い通りにしたいのか?解決法は
         ・>「より深くWordについて勉強すること」
         ・>「細かいことを気にしないこと」。
 
                  

●編集
     ☆(1).画像を好きな場所に配置できない
                >画像の配置形式は「文字列の折り返し」
                            ⇒「行内」以外を選択する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/001/index.html

        (2).Wordにおける「1字」「1行」とは
                >>『具体的にどんなサイズを表しているのか?』は、かなり曖昧
                >>初期設定では「1字」=10.5pt、「1行」=18ptに設定されている。
                >グリッド線を表示して「1行」の行間を確認
                            ⇒「表示」タブにある「グリッド線」のチェックボックスを
                            ONにする
                >>14pt以上の文字は「1行」に収まらなくなるため自動的に「2行」の
                 行間が確保される。このため、14ptの文字サイズから急に行間が
                >>大きくなってしまう
                            ⇒行間の設定を自分で変更しなければならない。
                >文字グリッド線を表示
                            ⇒「ページレイアウト」タブで「配置」→「グリッド線の
                             設定」を選択する。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/002/index.html

     ☆(4).行間を自由自在に設定する
                >>よくトラブルの原因となるのが行間の指定である。
                >グリッド線を無視
                            ⇒「行送り」の設定を無視 小さい文字に活用する
                >行間を自由に指定
                            ⇒「段落」ダイアログを利用し行間変更する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/004/index.html

     ☆(5).箇条書きをマスターする
                >>箇条書きの仕組みを理解していないと思い通りに文書を作成できない
                >>箇条書きの自動設定 ※Word 2007以降
                            ⇒記号とスペースを入力の場合。「オートコレクトの
                            オプション」で、自動設定解除する
                >書式を手動で指定
                            ⇒その都度手動で指定する。こちらの方が直観的
                >箇条書きの仕組みと詳細設定
                            ⇒「ぶら下げ」の設定を変更する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/006/index.html

        (6).インデントとぶら下げ
                >>左右に余白を設ける「インデント」、1行目だけを左に飛び出させて
                配置する「ぶら下げ」
                >インデントとは?
                            ⇒「インデントを増やす」アイコンをクリック
                >ぶら下げとは?
                            ⇒「段落」ダイアログで指定。「最初の行」で選択
                        http://news.mynavi.jp/series/word/006/index.html

        (7).タブとリーダーの活用
                >>頻繁に利用する機能ではない。タブの基本をよく理解しておく。
                >タブとは
                            ⇒「編集記号の表示/非表示」をクリックする
                >タブ位置の設定
                            ⇒段落ごとにタブ位置を指定する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/007/index.html
                        
        (9).段落罫線を使いこなす
                >>仕組みは少々複雑である。よく動作を確認しておこう。
                >段落罫線の指定
                            ⇒段落全体を選択、「ホーム」タブで位置を指定する
                >罫線が左右に飛び出してしまう
                            ⇒インデントを指定する
                >段落罫線の引き継ぎ/段落途中で改行を行うと「Wordが自動処理」。
                 2つの段落の間に罫線を引きたい場合は、段落をまとめて選択し、
                 「横罫線(内側)」の罫線を指定しなければならない。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/009/index.html                                                                                                   

        (10).文字幅と文字間隔の指定

                >>「フォント」ダイアログの「詳細設定」では、文字幅や文字間隔を調整
                >文字幅と文字間隔の指定
                            ⇒文字間隔が変更される位置は、選択していた文字の右側
                            となることに注意する
                >文字数が異なる単語の整列
                            ⇒試行錯誤。「均等割り付け」を使う。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/010/index.html

        (11).文字の上下位置を調整する(上付き/下付き文字)
                >>「フォント」ダイアログで指定できるが、挙動には注意すべき
                >文字の上下位置変更
                            ⇒「フォント」ダイアログの「詳細設定」に用意
              >注意すべき点/行間隔が、少し変なレイアウトになってしまう。
                          ⇒段落の行間を「固定値」で指定しておく必要がある。
                >サイズが違う文字を上下中央に揃えるには
                            ⇒試行錯誤が必要
                        http://news.mynavi.jp/series/word/011/index.html



2012年07月01日 雨の中のiPhone(ゲリラ豪雨から守る! 浸水したAndroidは?)

≪スマホ≫ 雨の中のiPhone(ゲリラ豪雨から守る! 浸水したAndroidは?)
               大雨が降ってきたら、スマホを雨から守ってください。最近のゲリラ
              豪雨などは、スマホの開口部から浸水します。突然の豪雨からスマホを
              守るにはどうしたら良いか。また浸水したらどうするか。


  (1).こんなバッグは要注意
               ショルダーバッグは大雨の時、傘をさしてもどうしても雨水をかぶり
                   やすくなります。ファスナーが上部にある収納部は、水が中にしみこむ
                   場合があります。
                    そのような収納部には、スマホを格納しないほうが無難です。どうし
                   ても収納する場合は、スマホの開口部(端子)を何かで覆ってください。
                   
  (2).大雨の中で、どうしてもスマホを使うには
          ドック端子が大きいiPhoneなどは、雨水をかぶり安いので要注意です。
         使用する場合は、イヤフォンを使い(イヤフォン端子をふさぐ)、ドック
         端子を手のひらで守ってください。
             Androidも同様です。
             
                    ※被害報告:2008年ある日、突然の豪雨で傘をさしましたが、
                    ビジネス用バッグの上部に入れていた「iPod Touch」のドック
                    端子から雨水が浸水しました。画面が薄いピンク色に染まり、
                    ツブツブがでてきました。
 
  (3).スマホが浸水したら
          ●絶対にやってはいけないこと
                  ・電源をいれないこと。(動くかそうか試したくなりますが、ショート
                  する恐れがあります)
                  ・本体を振らないこと。(内部の水を拡散する恐れがあります)
                  ・ドライヤーで乾かすこと。(思わぬ高熱なります)
                  
                    
          ●対応例
                   以下は自己責任で対処願います・
                   
              ・「iphoneが雨にぬれてしまいました。 最近の大雨の中iphoneを
               ポケットに入れたまま..

                >1. ジャケットなどを外す。
                >2. “ティッシュ” の先っぽを細く丸め「イヤホンジャック」と
                  「Dockコネクタ」から水分を吸い取り、SIMカードを抜きます。
                >3. 湿気取りを開封しビニール袋に入れ、iPhoneを入れる“袋を”
                   熱くする。※注意点あり、袋はジップロックが良い。
                >4. 4日間は、自然と触れ合いましょう。※10日かかる場合も。
                ※情報源:(2009年08月19日 DOZLOG)
                    http://www.dozlog.com/iphone_underwater/
 
              ・「スマホを水に落としてしまった時の劇的な対処法3ステップ!
               どうやって水気を抜くか?

                >1. 直ちにバッテリーを引きぬく
                >2. タオルや紙で水気を取る。
                >3. お米と一緒に保管して完全に水気を抜く。
                ※情報源:(2011年08月26日 あんどろいどスマート)
                    http://android-smart.com/2011/08/スマホを水に落としてしまった時の劇的な対処法3.html
 
          ●修理に出す場合
                  ・有料修理となるようです。
 
                    ※被害報告その後:ドック端子から水滴が浸水した「iPod Touch」は
                    電源をOnOffを繰り替えしたり、振ったりしました。(NG行為です)
                     そして、自宅に持ち帰り乾燥剤などで乾燥をしました。とりあえず
                    稼動したので使い続けると、半年位で画面からピンク色も消え、水滴
                    状の部分は消えました。(現状は文鎮状態ですが)

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ