iii 情報一元化への道

integration of information and intelligence ;情報を一元化するヒントを集めています。

2012年05月31日 スマホ症候群とスマホ依存症の違いって分かりますか?(その1)/スマホ症候群

≪スマホ≫ スマホ症候群とスマホ依存症の違いって分かりますか?(その1)
              スマホ症候群とは、スマートフォンを長時間使用することで起こりやすい
      諸症状の通称だそうで、スマホ依存症は文字通りスマホに、はまっている
      状態ですが、定義は明確ではないようです。

  (1).スマホ症候群
           スマホは両手を使って下を向いているので、長時間たつと、肩が上がってきて
          力が入った状態になり、肩の筋肉や後頭部の緊張が強くなるそうです。
           その結果、首が前傾し、首のカーブが失われてしまう「ストレートネック」と
          いう状態になると、肩こり・首痛・頭痛・めまい・腕のしびれ・肩が上がらない
          などの症状がでるそうです。

          ●スマホ症候群チェック
            >(5項目)2個以上ある人は、スマホ症候群になっている可能性が高い
            ※情報源:「あなたは「スマホ症候群」になっていませんか」
                          (2012年04月26日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122821/?P=2
    
          ●ストレートネック診断
            >(10項目)6個以上: ストレートネックになっている可能性が高い
            ※情報源:「働き女子に急増!「ストレートネック」って?」
                          (2012年05月10日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122841/?P=1

          ●ストレートネックを予防する
              >ストレートネック リセットエクササイズ
            ※情報源:「働き女子に急増!「ストレートネック」って?」
                          (2012年05月10日 日経ウーマンオンライン)
                          http://wol.nikkeibp.co.jp/article/column/20120419/122841/?P=2

          ●どういう姿勢が良いか
              >左腕で持つ場合、右手を左のひじの下に入れる。その上にひじを乗せて
              ひじの角度を直角にしてスマートフォンをまず持つ。
              >右手で操作して、また見る時はまたその位置に戻る。
          
              >スマホを持った手のひじをおなかに乗せる感じにして、口の前にスマホが
              くるようにする

            ※情報源:「ケータイ買換検討中のお父さん!『スマホ症候群』にご注意!」
                          (2012年05月30日放送 TBSスタンバイ/現場にアタック)
                          http://www.tbsradio.jp/stand-by/2012/05/post_4675.html

    次回はスマホ依存症についてです。          

2012年05月29日 第60回 NHK技研 一般公開レポート

≪TV≫ 第60回 NHK技研 一般公開レポート
   5月24日-27日まで東京都世田谷区のNHK放送技術研究所で開かれた技研公開2012に
  行ってきました。
   ハイライトは今年も"スーパーハイビジョン(SHV)"と"Hybridcast"でした。
   
  (1). スーパーハイビジョンの開発状況
               現行のハイビジョン(HDTVの場合)の16倍の画素数。2002年の公開時は
           「走査線4000本級超高精細映像システム」といわれてました。今年の公開
           ではフレーム周波数が倍の120Hzと高画質となり、カメラも小型化され、
           地上波伝送技術が展示されました。
           講演動画:http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/lecture/vodplayer/NHKFLVPlayer.html?61

    ●スーパーハイビジョン用カメラ
        陰影が強調されたデモ映像は、2Dなのに立体的に感じます。室内撮影の際は
       現在の倍ぐらいの光量が必要になっているようです。
       
        ・小型カメラヘッド:現行の放送用カメラと同じサイズまで小型化。7680×4320画素
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/014.html
          関連記事:「重さ約4kgのSHVビデオカメラ、NHKと日立国際電気が開発」(2012年05月25日 日本経済新聞)
                         http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK24030_U2A520C1000000/?uda=DGXZZO0630724025042010000000

        ・120Hzイメージセンサー:動きの速い被写体もより鮮明に撮影。高感度化を継続。
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/013.html
          関連記事:「SHVフルスペック化へ」(2012年05月25日 マイナビニュース)
                         http://news.mynavi.jp/news/2012/05/25/178/index.html

        ・30次世代スタジオ照明器具:
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/030.html
                 
    ●伝送技術
      2020年に衛星によるスーパーハイビジョン放送開始予定。地上波やCATVでは
     5チャンネル分が帯域が必要になるので、さらに圧縮技術の向上が必要でしょう。
     
        ・次世代地上放送に向けた大容量伝送技術
                UHFの2チャンネルの各水平・垂直偏波を組み合わせて、SHVを地デジ化。
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/011.html
          関連記事:「大容量伝送技術で、スーパーハイビジョンの地上放送を目指す!」(2012年05月25日 RBB TODAY)
                         http://www.rbbtoday.com/article/2012/05/25/89699.html
      
        ・スーパーハイビジョンのグローバルIP伝送
                ロンドンとの中継では、2-3秒の時差。ライブ中継実験が進みそうです。
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/012.html
          関連記事:「NHK、地上波でのスーパーハイビジョン映像伝送実験に世界で初めて成功」(2012年05月15日 AV Watch)
                         http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20120515_532893.html
     
        ・ケーブルテレビ伝送技術
                一昨年とほぼ同じ技術展示。SHVは5チャンネル分が必要。                 
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/018.html

        ・1921GHz帯衛星伝送技術                 
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/019.html

    ●スーパーハイビジョンTV
       所内では立体映像技術も公開されていましたが、SHVのデモでは、光と影に
      よって立体的に見えるのが分かっています。将来はSHVで自然な3D的な放送が
      日本の技術によって実現できると期待しています。

        ・シアター:
           450インチ?(3300万画素)と22.2マルチチャンネル(縦6個のスピーカーを
          左右7列配置)の講堂で映画館のように上映されました。。
           内容は「スペースシャトル 最後の打ち上げ」。2011年にアメリカの
          ケネディ宇宙センターで撮影された10分です。
              映像ではシャトルの巨大さと耐熱タイルの質感がよくわかりました。小生が
             四半世紀前に道路沿いに出没するワニ"に注意しながら、広大なケネディ宇宙
             センターを見学したことを思い出しました。
 
        ・120Hzプロジェクター:
                JVCケンウッドとで開発した120hzリアプロジェクター。
           ※NHK:    http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/016.html             
             関連情報:「NHKとJVCケンウッド、120Hz駆動のSHV対応プロジェクターを披露」
                  (2012年05月24日 Tech-On)
                  http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120524/220370/
 
        ・145インチディスプレイ:
              パナソニックとで開発した120Hzのプラズマディスプレイをデモ。紅白
           歌合戦のデモは、60Hzの録画合成して公開。
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/021.html             
             関連情報:「NHKとパナソニック、145インチのSHV用プラズマディスプレイを共同開発」
                  (2012年05月01日 マイナビニュース)
                  http://news.mynavi.jp/news/2012/05/01/011/index.html


  (2).Hybridcast(放送通信連携サービス)
    ●Hybridcastとは
                放送とネットが融合し、タブレットやスマートフォンが操作し、情報を
               表示したりTV画面に重ねたりするのが、「Hybridcast」です。
                2年後位に実用化されるかもしれません。
          ※展示:  http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/001.html
           講演動画:http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/lecture/vodplayer/NHKFLVPlayer.html?52

    ●公開された技術
         ・HTML5ベースでのアプリケーション実装:
                 ネット上のサーバからHTML5アプリをダウンロードしてサービスを実行。
                 HTML5を実装したブラウザに、サービスの拡張機能を搭載。
                 昨年よりもキレイな画面と情報を、フジTVとWOWOWの番組でデモ。
         ・携帯端末との連携:
                 iPadなどのタブレットやスマホにTVなどのリモコン、番組の情報表示。
         ・放送と通信の同期合成技術:
                 別カメラや関連情報を4画面表示、手話CGや多言語表示。要受信機開発。
                 
            放送波を直接受ける日本では、非常に有効のため、開発を期待。

       ※関連記事:「スマートテレビの本命? 「HybridCast」」(2012年05月22日 +D LifeStyle)
                         http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1205/22/news129.html
            >ソニー、パナソニック、シャープ、東芝、三菱電機が端末の試作機を開発
            >サッカー番組では、ロングでとらえたフィールド上に選手の名前が表示
            >フジテレビは、CMの新しい試みプレゼントクイズ。HybridCastのデータは録画できない

  (3).その他の技術
    ●VHF-Low帯マルチメディア放送
                地デジ化で空いたVHF1~3chを利用し、受信端末で蓄積もできる。
           ワンセグアダプターのアンテナを、少し長くすると受信できるかも?
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/004.html
    
    ●気象情報を対象とした手話CGへの翻訳                    
                気象情報を入力すると手話CGに自動変換。ニュースは無理とのこと。
          ※NHK:         http://www.nhk.or.jp/strl/open2012/html/tenji/006.html

    ●デジタル放送受信相談コーナー
                「東京スカイツリーでは、4月から一部のFM電波が発信されている。
           TVは試験放送中で、2013年1月に移管される。」難視聴地域の自宅の電波
           事情の改善を期待しましたが、東京タワーから現行エリアでの同等受信を
           優先し、今はアンテナを調整中とのこと。
            よって、ワンセグも含めた受信エリア周辺部での受信改善となるか、
           不明です。受信調査は実施中とのことですが。

※関連情報:「『NHK技研公開2012』の見どころをチェック!」(2012年05月24日 週アスPlus)
                    http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/089/89971/
                    
            「NHK技研公開が開幕」(2012年05月24日 ファイル・ウェブ)
                    http://www.phileweb.com/news/d-av/201205/22/30873_2.html

2012年05月25日 進化した紙のフリップボードなどで会議を効率化

≪会議≫ 進化した紙のフリップボードなどで会議を効率化
   今回ご紹介するのは、Flipboardといってもアプリではなく、語源といわれる"紙"と
  "板"の最新情報です。

   アメリカの学校では、教壇横にイーゼルが置かれ、縦長A1弱サイズのペーパーに
  先生がめくっては、次々と書き込んでいきます。これが「フリップボード」です。
   約10年前にアメリカの大学院研修授業での体験ですが、教授は黒板に板書する
  ことなく、講義内容をフリップボードに書いていました。用紙は黄色でリサイクル
  用紙のようでしたが。
  
   そのフリップボードも進化してきました。
   
  (1). 紙のフリップボードを使った会議
       ・用紙:「ポスト・イット イーゼルパッド」(住友3M社)
                        http://www.mmm.co.jp/office/meeting_tool/easel560.html
          1枚ずつはがして自由に貼ったりできる。
          
        ・用紙:「Post-It Easel Pads」(3M)
                        http://www.post-it.com/wps/portal/3M/en_US/Post_It/Global/Products/Catalog/?PC_7_RJH9U523000P60II85TCFL1863000000_nid=MP9MC1NHV7beKK1GCH46K8gl
          アメリカでは紙の種類も多く、壁掛けホルダーなどもあるようです。
          
        ・会議などの事例:「カジュアルな勉強会の進め方」(IDEA*IDEA)
                        http://www.ideaxidea.com/archives/2008/10/post_911.html
                        
                         「フリップボード・ストーミング」(石井力重の活動報告);PDF
                        http://ishiirikie.sakura.ne.jp/sblo_files/ishiirikie/image/FBS.pdf
                        
                         「ファシリテーター風 [フリップチャート・イーゼル]」(higuchi.com blog)
                        http://www.higuchi.com/item/274


  (2). フリップボード的ショットノートで議事録をデジタル化

       ・用紙:「ホワイトボード大「ショットノート」 会議を効率化 」(2012年5月16日本経済新聞)
                       http://www.nikkei.com/biz/product/article/g=96958A9C93819499E2EBE2E0908DE3E2E2E7E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;p=9694E0E7E3E0E0E2E2EBE0EBE5E3
          キングジム社、マグネット付なので壁に貼って使い、スマホのアプリで撮影、
           自動的に形や大きさを補正し、スマホに取り込める。
            4隅のマーカーと、LOGOが取り込み判断用ポインターの役割との情報!
          
        ・会議などの事例:「「ショットノート」のホワイトボード版で会議も遊びもお役立ち」(ITmediaガジェット)
                        http://gadget.itmedia.co.jp/gg/articles/1203/13/news093.html
                        

  (3). めくらないけどフリップボード的ホワイトボード
          ・用紙:「消せる紙 (ホワイトボードマーカー用)」(欧文印刷)
                          http://www.obun.co.jp/keserushi/white.html
                       紙のためマグネットで壁に貼れる。持ち運びに便利。
 
                   「どこでもシート」(セーラー万年筆)
                         http://sailorshop.jp/SHOP/31-3800-000.html
                    ポリプロピレン製なので静電気で壁に貼れる。終了後ははがせる。 
    
                    「シート状になった「ホワイトボードシート」」(プラスマークス)
                          http://3219.cc/plusmarks/1.1/569/
                 貼るタイプ/裏面マグネットタイプ/壁紙タイプが各種あり。
          
          ※参考情報:「ホワイトボードを活用するための7つのツール」
                            2007年11月28日 Business Media 誠
                          http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0711/28/news135.html

 
  (4). めくり付プレゼン用フリップボードを作るには 
   日本でフリップボードというと、TV番組でキャスターが持っている「説明などが
  描かれた板」のことを指すようです。最近は文字を隠しておく"めくり"が全盛です。
   PowerPointなどを使わない"めくり付"プレゼン用のフリップボードのポイントは・・・。
   
       ・台紙:厚紙粘着シートに、文字などを印刷する。
       ・原紙:カラー粘着シートに、文字などを印刷し、台紙の裏と貼り合わせる。
       ・めくり紙:同種シートを"取っ手部分と隠す部分"のサイズに切り、貼る。

            ※台紙材料:「ラベルシール 厚みしっかりタイプ ホワイト A4 」(エーワン社)
                        http://www.a-one.co.jp/product/search/detail.php?id=28412
            ※原紙めくり紙材料:「ポスト・イット ラベルシール」4色 A4(エーワン社)
                                ビビットイエロー(透け易い)、ローズ、
                                エレクトリックブルー、ライム
                        http://www.a-one.co.jp/product/info/new/2010/07_84201.php
            ※ただし、上記そのものを作ったことはないですが、めくり紙が不要な
            野球観戦用メッセージボードに材料を応用しています。

     ※参考情報:「『移動』フリップ工房」(myflip.htm)
         テレビレポーターのフリップ作成
          http://homepage3.nifty.com/osadashin-2/flipkoubou.htm
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ