iii 情報一元化への道

integration of information and intelligence ;情報を一元化するヒントを集めています。

2012年07月15日 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感ー1

≪ソフト≫ 「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」(マイナビニュース)に同感ー1
               MicrosoftのWordは嫌いです。勝手に動いてしまうから。
              代わりのソフトとして、「メモ帳」やテキストエディターで十分です。
              レイアウトやデザイン重視ならPowerPointや他のツールでもOKです。
               しかし、Wordを使用しなければならない場合もあります。そこで
              マイナビニュースの連載「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」を
              分解してみました。
              
  ※情報源:「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」
                          (2012年05月07日 マイナビニュース)
                          http://news.mynavi.jp/series/word/037/index.html

        >Wordが思い通りにならない理由
         ・>文書作成の基本的な知識が不足している
                 >もう少し知識を蓄える必要がある
         ・>Wordが予想外の挙動を示す
        >Wordが自動的に行う処理はたくさんある
        >オートコレクトの設定を変更し、自動処理を無効にしてしまえばよい
         ・>Wordの特長を生かして効率よく文書を作成する方法を知らない
        >便利な機能を十分に使いこなせていないことが原因
    
    >なぜWordを思い通りにしたいのか?解決法は
         ・>「より深くWordについて勉強すること」
         ・>「細かいことを気にしないこと」。
 
                  

●編集
     ☆(1).画像を好きな場所に配置できない
                >画像の配置形式は「文字列の折り返し」
                            ⇒「行内」以外を選択する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/001/index.html

        (2).Wordにおける「1字」「1行」とは
                >>『具体的にどんなサイズを表しているのか?』は、かなり曖昧
                >>初期設定では「1字」=10.5pt、「1行」=18ptに設定されている。
                >グリッド線を表示して「1行」の行間を確認
                            ⇒「表示」タブにある「グリッド線」のチェックボックスを
                            ONにする
                >>14pt以上の文字は「1行」に収まらなくなるため自動的に「2行」の
                 行間が確保される。このため、14ptの文字サイズから急に行間が
                >>大きくなってしまう
                            ⇒行間の設定を自分で変更しなければならない。
                >文字グリッド線を表示
                            ⇒「ページレイアウト」タブで「配置」→「グリッド線の
                             設定」を選択する。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/002/index.html

     ☆(4).行間を自由自在に設定する
                >>よくトラブルの原因となるのが行間の指定である。
                >グリッド線を無視
                            ⇒「行送り」の設定を無視 小さい文字に活用する
                >行間を自由に指定
                            ⇒「段落」ダイアログを利用し行間変更する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/004/index.html

     ☆(5).箇条書きをマスターする
                >>箇条書きの仕組みを理解していないと思い通りに文書を作成できない
                >>箇条書きの自動設定 ※Word 2007以降
                            ⇒記号とスペースを入力の場合。「オートコレクトの
                            オプション」で、自動設定解除する
                >書式を手動で指定
                            ⇒その都度手動で指定する。こちらの方が直観的
                >箇条書きの仕組みと詳細設定
                            ⇒「ぶら下げ」の設定を変更する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/006/index.html

        (6).インデントとぶら下げ
                >>左右に余白を設ける「インデント」、1行目だけを左に飛び出させて
                配置する「ぶら下げ」
                >インデントとは?
                            ⇒「インデントを増やす」アイコンをクリック
                >ぶら下げとは?
                            ⇒「段落」ダイアログで指定。「最初の行」で選択
                        http://news.mynavi.jp/series/word/006/index.html

        (7).タブとリーダーの活用
                >>頻繁に利用する機能ではない。タブの基本をよく理解しておく。
                >タブとは
                            ⇒「編集記号の表示/非表示」をクリックする
                >タブ位置の設定
                            ⇒段落ごとにタブ位置を指定する
                        http://news.mynavi.jp/series/word/007/index.html
                        
        (9).段落罫線を使いこなす
                >>仕組みは少々複雑である。よく動作を確認しておこう。
                >段落罫線の指定
                            ⇒段落全体を選択、「ホーム」タブで位置を指定する
                >罫線が左右に飛び出してしまう
                            ⇒インデントを指定する
                >段落罫線の引き継ぎ/段落途中で改行を行うと「Wordが自動処理」。
                 2つの段落の間に罫線を引きたい場合は、段落をまとめて選択し、
                 「横罫線(内側)」の罫線を指定しなければならない。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/009/index.html                                                                                                   

        (10).文字幅と文字間隔の指定

                >>「フォント」ダイアログの「詳細設定」では、文字幅や文字間隔を調整
                >文字幅と文字間隔の指定
                            ⇒文字間隔が変更される位置は、選択していた文字の右側
                            となることに注意する
                >文字数が異なる単語の整列
                            ⇒試行錯誤。「均等割り付け」を使う。
                        http://news.mynavi.jp/series/word/010/index.html

        (11).文字の上下位置を調整する(上付き/下付き文字)
                >>「フォント」ダイアログで指定できるが、挙動には注意すべき
                >文字の上下位置変更
                            ⇒「フォント」ダイアログの「詳細設定」に用意
              >注意すべき点/行間隔が、少し変なレイアウトになってしまう。
                          ⇒段落の行間を「固定値」で指定しておく必要がある。
                >サイズが違う文字を上下中央に揃えるには
                            ⇒試行錯誤が必要
                        http://news.mynavi.jp/series/word/011/index.html



2012年07月01日 雨の中のiPhone(ゲリラ豪雨から守る! 浸水したAndroidは?)

≪スマホ≫ 雨の中のiPhone(ゲリラ豪雨から守る! 浸水したAndroidは?)
               大雨が降ってきたら、スマホを雨から守ってください。最近のゲリラ
              豪雨などは、スマホの開口部から浸水します。突然の豪雨からスマホを
              守るにはどうしたら良いか。また浸水したらどうするか。


  (1).こんなバッグは要注意
               ショルダーバッグは大雨の時、傘をさしてもどうしても雨水をかぶり
                   やすくなります。ファスナーが上部にある収納部は、水が中にしみこむ
                   場合があります。
                    そのような収納部には、スマホを格納しないほうが無難です。どうし
                   ても収納する場合は、スマホの開口部(端子)を何かで覆ってください。
                   
  (2).大雨の中で、どうしてもスマホを使うには
          ドック端子が大きいiPhoneなどは、雨水をかぶり安いので要注意です。
         使用する場合は、イヤフォンを使い(イヤフォン端子をふさぐ)、ドック
         端子を手のひらで守ってください。
             Androidも同様です。
             
                    ※被害報告:2008年ある日、突然の豪雨で傘をさしましたが、
                    ビジネス用バッグの上部に入れていた「iPod Touch」のドック
                    端子から雨水が浸水しました。画面が薄いピンク色に染まり、
                    ツブツブがでてきました。
 
  (3).スマホが浸水したら
          ●絶対にやってはいけないこと
                  ・電源をいれないこと。(動くかそうか試したくなりますが、ショート
                  する恐れがあります)
                  ・本体を振らないこと。(内部の水を拡散する恐れがあります)
                  ・ドライヤーで乾かすこと。(思わぬ高熱なります)
                  
                    
          ●対応例
                   以下は自己責任で対処願います・
                   
              ・「iphoneが雨にぬれてしまいました。 最近の大雨の中iphoneを
               ポケットに入れたまま..

                >1. ジャケットなどを外す。
                >2. “ティッシュ” の先っぽを細く丸め「イヤホンジャック」と
                  「Dockコネクタ」から水分を吸い取り、SIMカードを抜きます。
                >3. 湿気取りを開封しビニール袋に入れ、iPhoneを入れる“袋を”
                   熱くする。※注意点あり、袋はジップロックが良い。
                >4. 4日間は、自然と触れ合いましょう。※10日かかる場合も。
                ※情報源:(2009年08月19日 DOZLOG)
                    http://www.dozlog.com/iphone_underwater/
 
              ・「スマホを水に落としてしまった時の劇的な対処法3ステップ!
               どうやって水気を抜くか?

                >1. 直ちにバッテリーを引きぬく
                >2. タオルや紙で水気を取る。
                >3. お米と一緒に保管して完全に水気を抜く。
                ※情報源:(2011年08月26日 あんどろいどスマート)
                    http://android-smart.com/2011/08/スマホを水に落としてしまった時の劇的な対処法3.html
 
          ●修理に出す場合
                  ・有料修理となるようです。
 
                    ※被害報告その後:ドック端子から水滴が浸水した「iPod Touch」は
                    電源をOnOffを繰り替えしたり、振ったりしました。(NG行為です)
                     そして、自宅に持ち帰り乾燥剤などで乾燥をしました。とりあえず
                    稼動したので使い続けると、半年位で画面からピンク色も消え、水滴
                    状の部分は消えました。(現状は文鎮状態ですが)

2012年06月29日 旅客機でインターネットや携帯電話を使えます。

≪スマホ≫ 旅客機でインターネットや携帯電話を使えます。
              機内で通信衛星などを経由し「インターネットが利用できるサービス」
       として「コネクション・バイ・ボーイング」がありました。しかし06年末
       に停止しました。
              最近、また航空会社で同様のサービスが開始されましたので、まとめて
             みました。
             
  (1).Wi-Fi通信方式の主なもの
          ●「GoGo」
                aircell社。地上の携帯電話通信塔と、機体下部のアンテナと通信する。
           1機当たりのコストが10万ドル以下、重さは100ポンド以下と安くて軽い。
            
          ●「GCS eXconnect」
                   Panasonic Aviations社
                >最大50Mbpsで人工衛星を経由して地上と結びます。50Mbpsは衛星から
                航空機方向で、航空機から衛星方向は、1.5Mbpsです。

         ●「onair」
              OnAir社
                  >最大864kbpsでインマルサット衛星(Imnarsat-4)を経由して地上と
                  結びます。
               (同様なサービス:ROW44)
                 
  (2).人工衛星経由のWi-Fi
          ●日本航空(Wi-Fi:GCS eXconnectを採用)
             ・「国際線機内インターネットサービス JAL SKY Wi-Fi 誕生」(JAL)
                              http://www.jal.co.jp/inflight/inter/sky_wifi/
               ※情報源:「JAL、国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を7月15日開始」
                             (2012年06月26日 INTERNET Watch)
                              http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120626_542732.html

          ●全日本空輸(Wi-Fi:onairを採用)
             ・「ANA国際線機内で、Wi-Fiサービスがご利用できるようになります」(ANA)
                              http://www.ana.co.jp/pr/12_0406/12-ana-onair0625.html
               ※情報源:「ANA、2013年夏から国際線機内でWi-Fiサービスを開始」
                             (2012年06月26日 マイナビニュース)
                              http://news.mynavi.jp/news/2012/06/26/018/

          ●トルコ航空(Wi-Fi:GCS eXconnectを採用)
               ※情報源:「トルコ航空、大西洋路線で機内Wi-Fiサービスをスタート」
                             (2012年01月23日 FlyTeam)
                              http://flyteam.jp/news/article/7344
               ※情報源:「トルコ航空のIn-Flight WiFiを使用してみた」
                             (2012年04月02日 nunnun's weblog)
                              http://blog.nunnun.jp/Technology/in-flight_wifi_turkish_airlines.html

            ※参考情報:同様サービス実施航空会社
                         Aer Lingus, Cathay Pacific, Dragonair, Etihad, Gulf Air, Lufthansa, SAS, V Australia          

          ●エミレーツ航空(Wi-Fi:onairを採用)
                         「通信手段」(エミレーツ航空)
                             http://www.emirates.com/jp/japanese/flying/staying_connected/staying_connected.aspx
               ※情報源:「エミレーツ、A380機内でWi-Fiに対応-19機のうち11機に装備」
                             (2011年12月12日 FlyTeam)
                              http://flyteam.jp/news/article/6397


  (3).人工衛星を経由しないWi-Fi

          ●デルタ航空(Wi-Fi:GoGoを採用)
                       米国本土とアラスカ上空で高度10,000フィート(3,000m)以上の
                国内便で利用可能
             ・「機内 Wi-Fi アクセス」(デルタ航空)
                              http://ja.delta.com/traveling_checkin/inflight_services/products/wi-fi.jsp

               ※情報源:「米デルタ航空、2009年内に全米規模で機内インターネット接続を展開」
                             (2008年08月06日 マイナビニュース)
                              http://news.mynavi.jp/news/2008/08/06/003/index.html
               ※情報源:「デルタ、リージョナルジェット250機にもWi-Fi導入-サービス開始」
                             (2011年09月08日 FlyTeam)
                              http://flyteam.jp/news/article/4636

          ●アメリカン航空(Wi-Fi:GoGoを採用)
             ・「アメリカン航空、国内線でエアセルの「Gogo?」機内インターネット・サービスを拡大」
                             (2009年04月01日 アメリカン航空)
                              http://ja.delta.com/traveling_checkin/inflight_services/products/wi-fi.jsp

          ●ユナイテッド航空(Wi-Fi:GoGoを採用)
             ・「ユナイテッド航空、主要路線にWIFIを導入-2012年半ばから」
                             (2011年11月10日 トラベルビジョン)
                              http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=51096

  (4).人工衛星を経由した携帯電話サービス
               ※参考情報:「エアロモバイル とは」
                             (2008年04月15日 ケータイWatch)
                              http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/39451.html

          ●マレーシア航空(携帯電話:Aero Mobileを採用)
               ※情報源:「マレーシア航空、機内での携帯電話使用サービスを開始、アジア系で初」
                             (2008年11月7日 トラベルビジョン)
                              http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=38744
   
          ●ヴァージン航空(携帯電話:Aero Mobileを採用)
               ※情報源:「空の上から携帯通話; ヴァージン航空の新サービスを支える技術」
                             (2012年05月19日 WIRED.jp)
                              http://wired.jp/2012/05/19/how-virgin-atlantic-is-letting-you-use-cellphones-mid-flight/
               ※情報源:「機内の携帯通話はいずれ標準に? 航空各社が導入準備」
                             (2012年05月21日 CNN.co.jp)
                              http://www.cnn.co.jp/business/30006666.html

 
 ※参考情報:「ANA,JAL機内WiFi」
                             (2012年06月26日 KONURE)
                              http://www.konure.com/it/2012/06/anajalwifi.html

         「航空機内インターネット」
                              (2012年02月15日 ちょっぴり便利かも!!)
                              http://blog.livedoor.jp/hello_goodbye555/archives/51383435.html
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ