iii 情報一元化への道

integration of information and intelligence ;情報を一元化するヒントを集めています。

iPhone5への道(ドコモのFOMAからソフトバンクiPhone5へ)

≪iPhone≫ iPhone5への道(ドコモのFOMAからソフトバンクiPhone5へ)
                 長らくFOMA携帯とiPhone4の二刀流を続けてきましたが、iPhone5の
                発売を機に、iPhone5へ統合することにしました。
                 docomoの携帯電話のMNP作業と、iPhone5の導入までをまとめてみます。
                なお家族の携帯も同時に移行することにしました。
                 iPhone4の撤収は、別途まとめます。
         
 1).移行のポイント
         ・docomoポイントの引き継ぎは不可
                  移行前にギフトなどに交換しておきます。端数はあきらめます。
                  ※参考頁URL:ドコモポイントをつかう(NTTドコモ)
                   http://www.mydocomo.com/web/pointyutai/tsukau/index.html
               
         ・利用期間の引継ぎ
              携帯電話で利用期間を確認します。手順は下記です。
                 iMenu⇒お客さまサポート⇒電話機購入時確認画面⇒主なサービスの契約状況。
                  ※参考頁URL:電話機購入時確認サイト(NTTドコモ)
                      http://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/switch/confirmation_site/
                      
                 ただし必要なのは「利用開始年月」なので、利用年・月数から開始の
                西暦年月を計算しておきます。

 2).オンラインショップでの購入
         ・MNPと同時に家族割引手続きは不向き
                  同時期に家族がMNP手続きをする場合は、ソフトバンクに契約済みの
             電話番号がないため、申し込み後の審査で、契約不可となります。
              家族割引手続きはiPhoneの契約完了後に、ショップに出向いて手続き
             したほうが良さそうです。

         ・確認書類について
                  本人確認書類、docomoの最新請求書(利用内訳でも可)が必要です。
             請求書は「利用期間の確認書類」としても利用できます。
                  docomoの請求書が郵送されてない場合は、「Webビリング」の
             「20●年●月ご利用分 利用内訳」で、「継続利用期間」が表示された
             ページをプリントしておきます。
                  ※参考頁URL:FAQ/クレジットカード支払いの場合(ソフトバンク)
                   http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?id=e51314b7a652f2b38372f5176527945454b36414c4b6c4f3668416f584e4733456b694d7a684166486e4a383d

         ・確認書類のアップロードの注意点
              問題は確認書類を郵送やFAXではなく、PCからアップロードする場合、
             書類画像の形式とファイルサイズに制限があります。
              画像形式は「.jpg」です.pngも可)。サイズは300KB以下です。
                  ※参考頁URL:画像アップロードでのお手続きについて(ソフトバンク)
                  http://online-shop.mb.softbank.jp/ols/html/feature/upload.html
            
 3).家族のMNP予約
         ・MNPは同一名義が前提
                携帯電話の名義と、iPhoneの名義を変える場合は、MNP予約の前に
             新しい名義に変えておく必要があります。
              ソフトバンクオンラインショップでは、iPhone申し込み手続き後に
             審査で拒否されます。
 
          ・docomoのMNPの有効期限
                  MNP予約番号の有効期限が10日間くらいしかないので、iPhoneの
             入手確認後に行うのが無難です。
             
          ・家族の料金支払いを統合している場合の順番
                   通常は各携帯電話からMNP予約を入力処理できますが、親となっている
             携帯電話のMNP予約入力処理は、拒否されます。
              家族全員のMNP予約が終わった後に、窓口に電話して「口頭で親携帯の
             MNP予約」を依頼します。
                  ※参考頁URL:ドコモをご契約中のお客様がMNPをご利用される場合(NTTドコモ)
                  http://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/mnp_release/index.html

      ということで、iPhone5予約開始日にオンラインショップで予約し、発売日翌日に
     申し込み手続きを行ったのですが、審査で契約不可になりました。
      再予約をしてから、1ヶ月、やっとiPhone5が届きました。届いてから5日たったので、
     手続きを進めます。
     
      ちなみに契約不可の理由は、前記のとおりですが、入力時にエラーにならず、
     いきなり契約不可のメールが届き、修正もできない不親切さでした。せめて、
     入力時にエラーにして欲しかった。(次回へ続く)   

2012年09月06日 ≪防災≫ 防災の日特集(2)/活断層について

≪防災≫ 防災の日特集(2)/活断層について

        ・朝日新聞の「足元の活断層/災害大国 迫る危機」が、本紙・デジタル
        ともにわかりやすく掲載されています。

●記事
    ・「足元の活断層」(朝日新聞)
        >活断層型地震の特徴
        >各地の活断層:地域別/各地の震度詳細データ/関連記事

                http://www.asahi.com/special/saigai_danso/

        >足元の活断層 記事一覧
            各地方、各都道府県、原発
                http://www.asahi.com/special/saigai_danso/list.html
            足元の危機、認識を (9/1)
                http://www.asahi.com/special/bousai/TKY201208310714.html
            警戒外活断層、M6以上14地震 進まぬ地中の実態把握(8/31)
                http://www.asahi.com/special/bousai/TKY201208310466.html       
            学校・県庁・新幹線・高速道路も…直下に活断層(9/1)
                http://www.asahi.com/special/bousai/TKY201208310715.html    
                
        (地域がタイトルからわかりにくい記事)    
            関東地方「足元に潜む「地震の恐れ」 関東大震災上回る可能性も」(8/31)
                http://www.asahi.com/special/bousai/TKY201208310485.html
            東海地方「後悔しないため動こう」鈴木康弘・名大減災連携研教授」(8/31)
                http://www.asahi.com/special/bousai/NGY201208310017.html
            徳島県「400年前M8地震か 岡田篤正・立命館大教授に聞く」(9/1)
                http://www.asahi.com/special/bousai/OSK201208300220.html
            
         
●参考情報(主なもの)
    ・新しく確認された活断層
        「首都圏北部に新活断層二つ…東大地震研が確認」
                2012年03月03日 読売新聞
                http://www.yomiuri.co.jp/feature/earthquake/news/20120305-OYT8T00751.htm

    ・活断層の可能性がある断層
            ビル建設などのボーリング調査時に偶然見つかった断層などかからの推定。
       活断層ではない可能性もある
        地形が河口など堆積層が厚い場合や、都市化が進んだ地域では活断層の発見は
       困難とされています。つまり日本全国どこでも可能性があるとされています。
       
        なお首都圏直下地震で懸念されている震源は、活断層よりもプレートによる
       ものを警戒しています。
        以下は最近、話題になった記事ですが、すぐ活動する心配はありません。
            
        「東京直下に断層密集!?新宿、銀座、築地、月島と続々」
                2012年09月05日    日刊ゲンダイ
                http://gendai.net/articles/view/syakai/138537
                
        「新宿に活断層か!「M7級」直下の恐怖…大学研究チームが調査」※2
                2012年08月18日    zakzak
                http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120818/dms1208181503010-n1.htm


     ※1;参考情報
        「首都直下に見られる伏在第四紀断層」(東京地学協会)2007年
                http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf116-3-4/p410-430.pdf
     ※2;参考情報
         「山手台地下の伏在飯田橋推定第四紀断層の活動性」(日本第四紀学会)2012年
       URLなし

●活断層関連サイト
    ・活断層データベース/起震断層・活動セグメント検索(産業技術総合研究所)
                http://riodb02.ibase.aist.go.jp/activefault/index.html
                
    ・地震情報サイト JIS/全国の活断層
                http://j-jis.com/danso/
                
    ・「あなたの近くにある活断層の調べ方」:リンク
               http://www.asahi.com/special/saigai_danso/

2012年09月03日 防災の日特集(1)/南海トラフ地震の被害想定について

≪防災≫ 防災の日特集(1)/南海トラフ地震の被害想定について

        ・8月29日に「内角府/南海トラフの巨大地震モデル検討会」が、第2次報告
        として「10mメッシュ津波高と、浸水域」を推計した。
            (第1次報告は「震度分布・津波高(50mメッシュ)」)
         
        ・「中央防災会議/南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」が
          第1次報告として、「建物被害・人的被害等」を推計した。                                  
            
                ※情報源:20120829 「南海トラフの巨大地震に関する津波高、浸水域、
                          被害想定の公表について
」(内角府)
                 >津波高・浸水域等(第二次報告)及び 被害想定(第一次報告)
                 >被害想定について
                                 http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info.html
        長周期地震動と、津波火災被害は含まれていません。
                            
    ●想定経緯記事: 
        ・南海トラフ地震、死者32万人全壊238万棟か
            >国の二つの有識者会議は29日、被害想定などを公表した。
            >津波による死者は全体の7割。迅速な避難により8割減らせる。
            >在宅者の多い冬の深夜に発生し、東海地方の被害が大きいケース。
            >有識者会議では今秋にも電力や上下水道、交通への影響を含めた
            経済被害の想定を公表
                            20120829 読売新聞
                            http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120829-OYT1T01028.htm

        ・南海トラフ地震、減災徹底なら死者6万人に減少
            >数百年~千年に1回しか起きないような超巨大地震は想定してこなかった。
            >科学的に起きうる地震であれば、被害想定や長期予測を行う方針に転換
                            20120829 日本経済新聞
                            http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC2900C_Z20C12A8EA2000/

    ●被害想定情報:
                津波被害についてですが、東日本大震災の津波被災地において、
         ハザードマップの外の地域で、多くの人が亡くなりました。予想に
         過信は禁物で、逃げることが大事です。
    
      ・南海トラフ地震の被害想定(朝日新聞サイト)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/
                            
            >被害想定は? 対策は?
                    -死傷者・建物被害/浜岡原発も浸水/「最悪中の最悪」想定/
                    あきらめず避難を
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor1

            >動画で見る津波の発生とひろがり(ケース1~5)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor2
                            
            >津波の最大値(公表された市区町村/最大の高さ、1mの津波到着時間)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor3

            >地震の被害は?(県別/死者、脱出困難者、全壊建物、浸水面積)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor4

            >あなたの街は?(地域の最大震度、最大津波高)
                        (各地の浸水域予測/地図表示)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor5
                        
          >液状化の可能性は?(西日本地図表示)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/#anchor6
                            
      ・南海トラフ地震の被害想定 記事一覧(朝日新聞/県別)
                            http://www.asahi.com/special/nankai_trough/list.html
    
    ●長周期地震動ニュース
                遠く離れた河口に広がる平野部(東京、大阪、名古屋)や、周期が
         あった地域(東南海地震の長野県諏訪湖など)で、揺れが予想されます。
          内閣府は、南海トラフ地震の長周期地震動被害予想を発表予定です、
          
        ・長周期地震動 高層ビルへの影響は
            >超高層ビルなどを大きく揺らす、「長周期地震動」が発生する
             >実験施設で大型の模型を揺らす、初めての実験を行いました。
                            20120901 NHK
                            http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120901/k10014702031000.html

        ・南海トラフ地震被害想定 死者数最大およそ32万3,000人 内閣府
            >東日本大震災でも、 新宿の高層ビル街で、およそ13分間、揺れ続けた。
             >日本建築学会では、 南海トラフによる地震では、最長20分間もの揺れ
                            20120829 FNN
                            http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00230484.html
                          
                            
    ●第1回被害想定ニュース(2012年4月)
        ・南海トラフ、連動域「東日本」超え、南海トラフ検討会、報告書要旨。
          >震度分布について 震度7が想定される地域は10県153市町村
          >津波高について 50メートルメッシュ単位で計算
                            20120401 SECURITY SHOW/日本経済新聞 朝刊
                            http://www.shopbiz.jp/ss/news/109515.html
                            
        ・南海トラフ、連動域「東日本」超え、製造業、事業継続へ備え。
            >部品備蓄や海外拠点/内陸部に移管 教育・訓練も不可欠
                            20120401 SECURITY SHOW/日本経済新聞 朝刊
                            http://www.shopbiz.jp/ss/news/109512.html
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ